ノコギリヤシの副作用|健康を守る4つの必須知識

ノコギリヤシ 副作用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ノコギリヤシに副作用はあるのか、不安にお思いではないでしょうか。

複数の医学研究やデータベースを参照すると、ノコギリヤシはほとんどの人で安全で、副作用も一部の人で軽度の副作用が起こる程度であることが知られています。

しかし、ノコギリヤシを正しく利用しないとガンを見逃してしまうなどの間接的な副作用もあります。

ぜひ、この記事を読んでノコギリヤシの副作用と適切な使い方についてしっかりと知り、普段の生活に役立てていただきたく思います。

スポンサードリンク

1.ノコギリヤシで起こる副作用

ノコギリヤシを摂取する場合、ほとんどの人で安全です。これまで報告されてものとして、めまい、嘔吐、便秘、下痢、頭痛といった軽い副作用が報告されています。1)

また、非常にレアなケースではありますが、膵臓や肝臓に障害がでることも報告されています。2)3)

特に重要なのは、

  • 前立腺ガンを見逃してしまう
  • 妊婦や手術前の人が使うことで命に関わる可能性がある

の二つの間接的な副作用です。正しくノコギリヤシを利用すれば、これらのことは起こりません。ご自身の健康のために、これらについてぜひ詳しく知っておいてほしくおもいます。

ここから詳しくこれらの副作用について見ていきましょう!

コラム:性欲減退や抜け毛などの副作用は本当に起こるの?
一般に性欲の減退や発毛までの初期脱毛などが起こるのでは!?と言われています。結論からいうと、今のところ、それらの副作用は知られておりません。ノコギリヤシの副作用に関して複数の医学論文を調査しましたが、それらの副作用は報告されていません。もし、それらの症状がでている場合は、その他の原因の可能性があるため、病院で調べてもらうのが良いでしょう

1-1.ノコギリヤシの利用は前立腺ガンの進行を見逃す

ノコギリヤシはオシッコの切れが悪いなど(前立腺肥大の症状)を緩和する働きがあります。しかし、前立腺が大きくなっていくのを止めることはありません。そのため、症状は良くなっているのに、ガンが進行しているということが起こるのです。

また、PSA(前立腺ガンで特徴的なマーカー)の値を下げてしまうことも報告されています。これにより、より前立腺ガンの発見が遅れてしまう可能性があります。

これらを踏まえて、ミッションE (ドイツの薬用植物の評価委員会) では、ノコギリヤシを利用する場合、医師に定期的に診断を受けるべきであると指摘しています。

おしっこのキレの改善のためにノコギリヤシを利用している方では、必ず定期的に医師の診断を受けるようにしましょう。特に50歳以上の男性では要注意です。前立腺ガンになってしまってからでは遅いのではないでしょうか。

1-2.妊婦さんや手術の予定がある人はノコギリヤシを使うな!

妊婦さんや、2週間以内に手術の予定がある人では、ノコギリヤシを使ってはいけません。赤ちゃんに重大な影響を与えたり、手術により出血死の危険性があるからです。

妊婦・母乳授乳婦

ノコギリヤシは性ホルモンに作用する可能性が指摘されています。4)そのため、男の子の赤ちゃんや乳児で性器の異常を引き起こすのではないかと指摘されています。

妊娠中や母乳授乳中にはノコギリヤシを利用しないでください。子供の健康を考えると、異常が起こってからでは遅いのではないでしょうか。

手術前の方

ノコギリヤシは血液が固まりにくくなる作用があると考えられています。そのため、手術などでは出血が止まらなくなることが指摘されています。

実際に、手術の前ノコギリヤシを摂取した人で、過度の出血が発生したことが報告されており、ノコギリヤシと関係があることが指摘されています。5)

2週間以内に手術を受ける予定の人では、ノコギリヤシは絶対に利用しないようにしてください。過度の出血により命に関わる恐れがあります。

1-3.ノコギリヤシで副作用が起こるのはどうして?

ノコギリヤシは天然物であるため、副作用はでないのではないかとお思いのかたも多いでしょう。しかし、ノコギリヤシに限らず全てのサプリメントには何かしらの副作用が存在します。

正直に言ってしまうと、今の所ノコギリヤシの効果のメカニズムが正確にわかっていないため、なぜ副作用が起こるのか正確なところはわかっていません。(一部のサイトではメカニズムを書いていますが、一説にすぎず、まだ明らかになっていないのが正直なところです。)

そのため、具体的に医学論文として報告のある症状を見ていくしかないのが現状です。

副作用に関する被害事例や研究
国立健康・栄養研究所の健康食品の有効性・安全性(ノコギリヤシ)にノコギリヤシの副作用の被害事例がまとめられています。興味があるかたは目を通してみるのも面白いでしょう。

2.副作用が出た場合の対応法

この項目では、副作用が出た場合にどうするべきか、他のサプリメント等を検討すべきか、医師になんて伝えるのが良いかなども含めて解説していきます。

2-1.副作用がでたらすぐにやめるのが良い

基本的に、副作用が出たと感じたら、まずそのサプリメントをやめましょう。最優先です。「もしかしたら今後効果が出るかも…」と思って、続けないようにしてください。

サプリメントは薬と異なり、医学的に効果が実証されているものではありません。そのため、サプリで副作用でると、効果が出るわけでもないのに、副作用がでてしまっている状態になってしまいます。非常にもったいない状況ではないでしょうか。

また、サプリメントをやめても、すぐに副作用が改善しないケースも数多くあります。サプリのせいじゃないんだと自己判断で再開するのはやめておきましょう。

コラム:サプリメントを変えたら同じ成分でも副作用が出ない?
副作用が出た場合、サプリメントを変更することを検討する方は多いのではないでしょうか?過剰摂取をしている場合、副作用が出なくなる可能性はあります。しかし、多くの場合は成分に対するアレルギーや体質によるケースが多いです。そのため、他社のサプリメントに変えても副作用が出る可能性は高いでしょう。私の意見としては、同じ成分のサプリメントは使うべきではないでしょう。

2-2.心配な場合、副作用が続く場合は病院へ

サプリメントをやめても副作用が続く場合や、副作用が重く心配な場合は必ず病院に行きましょう。その場合サプリメントが原因でない場合もありますが、病気を早期に発見できるかもしれないため有用でしょう。

ノコギリヤシの副作用の場合は、近所の内科の診療所で問題ないでしょう。問診票などにノコギリヤシのサプリメントを服用していたことを書いておきましょう。診察の際、サプリメントに関してはおっしゃらない患者さんも多いですが、診察する側としてはサプリメントに関してもお伝え頂ける方がありがたいです。

2-3.悩みを解決する代案

サプリメントを利用する場合、何かしらの悩みを解決するために利用しているのではないでしょうか。副作用が出てしまうと、悩み解決のためにノコギリヤシのサプリ以外の代案を考えなくてはなりませんよね。

ここでは各悩み事に代案を紹介していきたいと思います。

おしっこの悩み

ノコギリヤシで副作用が出る場合は、泌尿器科を受診し、しっかりと治療を受けることを強くお勧めします。

数多くの栄養素を調査しましたが、サプリメントの栄養素になるものでおしっこの悩みを改善することが医学的に証明されているものは、ノコギリヤシの他にはありません。

一部のサプリメントで効果を謳っているものもありますが、医学的に根拠のないものであると言うことを知っておきましょう。

育毛・発毛

育毛・発毛に関しては、ノコギリヤシの代案としては、まず薄毛治療専門の病院に行き、薄毛の原因を調べてもらうのが良いでしょう。というのも、薄毛の原因は様々で、それにより最適な治療法は異なるからです。(AGAが有名ですが、AGA以外の薄毛も非常に多いです。)

とはいえ、お金がもったいないなどの理由で、病院に行くのをためらう方もいるでしょう。そういう方はサプリメントを試す前に「リアップX5」という育毛剤を利用してみることをおすすめします。

というのも、今の所、薄毛に効果的であると医学的に証明されているサプリメントはなく、育毛剤であるリアップのみ医学的に効果があることが証明されているからです。

コラム:副作用がでているけどもう少し使いたい場合
基本的に副作用が出た場合にはすぐに中止するべきです。しかし、もう少し試してみたいという方もいるでしょう。そういう方は一度冷静に、その効果が本当にあるのか、検討してみることをお勧めします。サプリメントの効果については誤った情報も多く、効果がないもののために副作用を引き起こしていることも少なくありません。ノコギリヤシの効果で医学論文を中心に効果があるのか検討していますので参考にしてみてください。

3.ノコギリヤシとの組み合わせで副作用が出る薬やサプリメント

今の所、ノコギリヤシとサプリメントの組み合わせで副作用が出たという報告はありませんが、薬では注意が必要なものが幾つかあります。

健康になるためのサプリメントで副作用が出てしまうなんて勿体無いことです。正しく知識を持っておきましょう。

避妊薬

ノコギリヤシは、体内でのエストロゲン作用を弱める働きがあるのでは無いか、と指摘されています。そのため、避妊薬とノコギリヤシを一緒に使うと避妊薬の効果を弱める恐れがあります。

避妊薬を使っている方ではノコギリヤシは使わ無い方が良いでしょう。

エストロゲン(女性ホルモン剤、卵胞ホルモン)

ノコギリヤシは体内のエストロゲン量を減少させる働きがあることも指摘されています。女性ホルモンの補充療法を受けている方では、その治療効果を弱めてしまう恐れがあります。

女性ホルモンの補充療法を受けている方ではノコギリヤシは避けた方が良いでしょう。

血液凝固抑制薬(抗凝固薬・抗血小板・抗血栓薬)

血栓ができやすい、心房細動の病歴がある人などで処方される血液凝固抑制薬を利用している方は、ノコギリヤシを利用しないでください

ノコギリヤシは血液が固まるのを抑える働きがある可能性が指摘されています。これにより、紫斑や出血の原因になる可能性があります。特に内蔵で出血してしまう場合には命に関わるかもしれません。血液凝固抑制薬を利用している方はノコギリヤシを使わない方が良いでしょう。

4.副作用がでにくい正しい使い方

簡潔に副作用が出にくいノコギリヤシの使い方をお話ししようと思います。

基本はお使いのサプリメントの用量・用法を守ることがなによりも重要です。

適切量

「◯◯mg以上だと、副作用が出やすい」とはっきり言えません。副作用そのものについて調べられた研究がまだないからです。

前立腺肥大に効果があったとする臨床試験では320mg/日が多く、これらの研究では副作用は報告されていません。そのため、320mg/日にしておくのが最善と言えるでしょう。

その他の目的の場合、そもそもしっかりとした研究がなされてい無いため目安量ははっきりとわかっておりませんが、前立腺肥大の場合と同様に320mg/日にしておくのが無難でしょう。

たくさん飲むと効果が増したり副作用が起こったりする?
たくさん飲んでも効果が増すということはまずありません。というのも、吸収できる量や細胞内に取り込める量には限界があるため、多くとっても排泄されてしまうだけでしょう。しかし、多く取ることによりアレルギーをはじめとする副作用のリスクは高まります。たくさん飲むことは、害はあるのにメリットは少ないと言えるでしょう。

期間

1~2ヶ月から効果がではじめることが研究で指摘されています。

試す場合はこれくらいの期間を目安に試してみるのが良いのではないでしょうか。

サプリメントの選び方

ノコギリヤシの場合、特定のサプリメントの方が効果がある、副作用が起こりやすいといったようなことはおそらくないでしょう。

私の意見としては、ノコギリヤシPUREなどが良いのではないかと思います。泌尿器科医のサポートが受けられるため、より効果的に取り入れることができるかもしれません。

5.まとめ

これまでノコギリヤシの副作用について詳しく解説してきました。ノコギリヤシそのものは軽度な副作用以外報告されていませんが、上手に使わ無いとガンを見逃したり、命に関わるような恐れもあります。安全にノコギリヤシを取り入れるために、ポイントをしっかり押さえておきましょう!

ノコギリヤシの副作用と使い方の4つのポイント

  • 副作用かな?と疑ったらすぐに中止!
  • おしっこに関わる悩みでノコギリヤシを使う場合、定期的に泌尿器科で診察を受けよう!
  • 妊婦・手術を控えている人ではノコギリヤシを絶対に使うな!
  • 副作用を出にくくするために、320mg/日以内に抑えておこう

参考文献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSで簡単に医療の正しい情報をを受け取ることが出来ます。

関連する記事

質問・感想はこちらから